Product|だって私は素敵な家庭教師のお姉さんなんですから

  • Souvenir
  • Product
  • だって私は素敵な家庭教師のお姉さんなんですから

商品一覧

Voice

だって私は素敵な家庭教師のお姉さんなんですから

だって私は素敵な家庭教師のお姉さんなんですから

「この素敵なお姉さんに任せたら、君の成績なんてすぐに上がるんだから!」
素敵な家庭教師のお姉さんから「エッチなお勉強」を学んで「エッチなご褒美」をもらえちゃう音声作品♪

商品詳細情報

iconジャンル:音声作品[R-18]

icon販売価格:735円(税込)

icon企画:タキボン

iconシナリオ:大塚

iconイラスト:-

iconCV:野中みかん

iconダウンロード販売
だって私は素敵な家庭教師のお姉さんなんですから

サンプルテキスト
-お勉強と扱きと 編-

あんっ、そこは違うわよ。そこにはこっちの公式を代入するの。そうしたら解くことが出来るからね。
うん、そう……慌てずにゆっくりと考えていけばいいのよ。
ん……? 何で耳元で囁くように教えているのかって?
耳元で囁くように言った方が君も聞き漏らさないように聞こうと思うでしょ? だからこうしてるの。
それに、耳元で囁かれるのってゾクゾクしないかな。何だかいけないことを
しているような気がしてゾクゾクしちゃうと思うんだけど
……もしかして君はこの程度じゃ満足出来ないような子なのかな。だったらもう少し攻めちゃおうかな?
はっ、あ……んぅ、んっ、はぁ……あんっ、あぁあ……はぁああ♪
ふふっ、どうかしら? 耳元でエッチな声を聞くとゾクゾクしてこないかな。興奮してこないかな?
一応、耳元でエッチな声を囁くのは意味があるんだからね。
君みたいなエッチな男の子はエッチな声を聞きたいと思って耳を澄ませるでしょ?
つまりそれによって集中力が高まるんだよ?
ほら、君の集中力が高まってきておチンポが大きくなってきてるわよ?
ふふ、勉強をしないといけないのにおチンポを大きくさせちゃうだなんて、君はほんとエッチな男の子だね。
ねぇ……その大きくなっちゃってるおチンポを静めたい? おチンポをシコシコしてスッキリとしたいかな?
君がおチンポから精子を出したいって言うのなら協力してあげるわよ?

あはは……出来ることならばこのまま勉強に集中して欲しいんだけど、どうやら集中出来そうにないもんね。
だったら一旦スッキリしてもらった方が早いと思うの。
本当だったら勉強が終わったらご褒美としてエッチなことをしてあげようと思っていたんだけど、
君は先にスッキリとさせた方がいいタイプのようだからね。
あ、でも……それはそれで効率が悪いわね。
スッキリさせるのはいいけど、おチンポを扱くのに無駄に時間を使うのはもったいないわね。
勉強が出来る時間も無限じゃないし……
そうだわっ! とても素敵な作戦を閃いたわ。うん、これなら効率よく出来るかも。
勉強をさせながら同時におチンポもスッキリさせることが出来るわね。
あまりの完璧な作戦にビックリしないでね?
私が閃いた作戦それは――君を後ろから抱きしめるようにして勉強を教えながら
同時におチンポを扱いてあげればいいのよ!
あらら……? あまりの完璧な作戦にビックリしてるのね。口が開きっぱなしになってるわよ?
うん、ちょっとバカっぽく見えるからそれは止めた方がいいと思うわ。
はいはい、そんな何か言いたそうな目で私を見るのはダメよ。
これほど完璧な作戦はないんだから、この素敵な作戦で勉強を進めていくわよ♪

-耳元でオナニーをして 編-

ん、んぅ……それじゃあ、君の耳元でオナニーを始めるね。まずはおっぱいから触っていきましょうかね。
ふふ、実は私オナニーの時はおっぱいを弄るのから始める主義なの。
いきなりオマンコを触るのもいいけど、まずはおっぱいを弄って気分を盛り上げてからオマンコを触るのが好きなの。
だから今回もまずはおっぱいから弄っていくわね。
軽く触れるように……だけど、時折激しくおっぱいを揉んでいくの。
グニグニっておっぱいの形が変わっちゃうくらいに揉んでいくの。
そうするとね……あっ、んぅ、はぁっ、あぁ……んはぁあっ♪
こうやって私の口からエッチな吐息が漏れてくるの。もっと気持ちよくなりたい。
激しくおっぱいを揉まれたいってエッチな吐息が漏れ出してくるの。
ふんぅ、あぁっ、はん……あっ、はぁあ、んくぁ、ふっ、あぁ……ひぁっ。
おっぱいだけでこんなにもエッチな声が出ちゃうんだよ?
これでオマンコを触っちゃったら、もっとエッチな声が溢れてきちゃう。
だけど、まだまだオマンコには触らないよ。君だって、もう少し私のエッチな吐息を聞いていたいでしょ?
耳元に当たる吐息を感じながら私のおっぱいが歪んでいく姿を見ていたいでしょ?
だからもう少しだけおっぱいをグニグニと弄るね。
それにおっぱいを弄るって言っても単純に乳房を揉むだけじゃないんだよ?
乳首……乳房には乳首がついているんだから、勿論そこも弄らないとダメでしょ。
おっぱいを弄って興奮してきちゃってるから、乳首もエッチな感じなってるわよ。
君のおチンポみたいにピンピンに勃起しちゃってるの。
ツンって張ってて、触るだけで身体中にビリビリと電流が走るんだよ。
んっ、んふぁあ……はっ、あぁあん、はぁ、あぁ……っ、乳首気持ちいい。
ピンピンに張ってる乳首を指でコリコリとするの気持ちいいのぉ♪
乳首をコリコリって弄るだけでもイッちゃいそうなくらい気持ちいいの。
男の子にも乳首はあるわけだけど、男の子も乳首を弄ったら私と同じような反応になっちゃうのかな?
気持ちいいって思っちゃうのかな?
ねぇ……君も自分の乳首を弄ってみてよ。私と一緒に乳首を弄っていこ?
お互い自分の乳首を指でコリコリって弄るわけだけど、きっと気持ちいいと思うんだ。だから、君も自分の乳首を弄って。

あっ、はぁ……んくぁ、ひぁ、あぁあっ。いい。いいよ……二人が一緒に自分の乳首を指でこねくり回してる。
お互いの乳首を弄っている姿を見ながら自分の乳首を弄ってる。
はっ、んふぁあ、あぁ……き、気持ちいいでしょ?
こうやって自分の乳首をクリクリと弄るのも悪くはないと思うの。
ふふ、これで乳首を弄ることの楽しさを知ってしまったのなら別に日課にしてもいいわよ?
君にはオナニーを毎日の日課として義務づけてるんだから、乳首を弄りながらオナニーをするのもいいと思うの。
まぁ、少しは考慮してみてね♪

-本番のご褒美 編-

これなら君にご褒美をあげても問題ないはずだわ。うん、これならご褒美をあげる価値もあるわね。
ふふ、ついに私のオマンコにおチンポを入れることが出来るんだね。君はどう思ってるのかな。
私のオマンコを使うことが出来て嬉しいって思ってる? 私は凄く嬉しいって思ってるよ。
だって私は君のおチンポの虜になっちゃってるんだもん。
だからいち早く君の極太おチンポでオマンコを掻き回されたいって思ってるの。
ふふ、もうオマンコがウズウズとしてきちゃってる♪
オマンコが早く君のおチンポに突かれたいって言ってる。
うん、君ももうすでに準備は出来てるみたいだね。何もしてないのにおチンポが大きくなってる。
それくらい私のオマンコの中におチンポを入れたいって思ってくれてるんだね。いいよ、私ももう我慢が出来ないから、しよ♪
あ、君はおチンポを勃起させているだけでいいわよ?
私が勃起してる君のおチンポにそのまま腰を降ろしていくから……
ふふ、こうやって君に抱きつく感じでおチンポをオマンコで咥えるとほら、こんなにも君の顔が近くにあるんだよ。
だから今回は君に抱きつきながらおチンポを味わおうと思うの。
あっ、はぁ……あっ、んぅ。入ってきてる。オマンコの中におチンポが段々と入ってきてる。
オマンコの中をグリグリと広げながら奥へと入ってきてる♪
はぁあっ、あぁっ、んふぁあ……私のエッチなオマンコがすんなりと君のおチンポを咥えていってる。
前戯も何もしてないのに簡単におチンポを飲み込んでいってる♪
んっ、んふぁああっ、だ、だってしょうがないでしょ。
朝から君のおチンポのことを考えてたら勝手にオマンコが濡れてきちゃってたんだから。
今日こそ君のおチンポでオマンコを突いてもらえる。
掻き回してもらえるって、そう思ってたら自然とオマンコからトロトロとエッチなお汁が溢れてきちゃってたの。
もう……これでも色々と苦労してたんだよ?
君のおチンポが欲しくてオマンコが疼くからオナニーをするんだけど、
前回のオナニーのせいで一人のオナニーじゃ満足出来なくなっちゃったから、全然足りなかったんだよ?
だからこうやって、実際に君のおチンポがオマンコの中に入っているだけで……はぁああぁっ!?
おチンポ入れただけでイッちゃいそうになるの♪
でもでも、まだイッちゃうわけにはいかないの。
たくさん、たくさん君のオチンポでオマンコを子宮を突いてもらわないといけないから、イッちゃうわけにはいかないの。
我慢。そう、我慢をしないといけないんだけど……

はぁあぁああぁああぁああぁああぁあんっ!?
はっ、んぅ、あぁ……あっ、あぁっ、はぁっ♪
我慢したかったのに、イクのを我慢しないといけなかったのに……それなのにおチンポを入れただけでイッちゃった。
おチンポが子宮に届いた瞬間イッちゃったの♪
おチンポが子宮にゴツンって当たった瞬間に我慢出来ずにイッちゃった♪

topに戻る